会社設立出来る会社の種類について

現在の会社法において設立可能な会社の種類にはいくつかありますが、現実的に一般的な事業を行う上で選択可能であるのは株式会社と合同会社の二種類であると言えます。

そのうちの一つは最も知られている会社の形である株式会社です。株式会社は株式という方法で資金を出資してもらい、事業によって得られた利益を配当として分配する仕組みで成り立っています。その配当は株式を保有している数に連動する形で支払うことが求められており、非常に分かりやすい形で会社設立が成されます。ある程度大きな事業に育ってくると株式会社の中には株式市場への上場を検討する様になるでしょう。

限られた人間関係の中でだけやり取りされていた出資金のやり都市が株式市場を通じて不特定多数と尾なわれることになります。その過程の中で大きな資金が動く仕組みになっており、成長の可能性が大きな企業であれば投資が集まることになるでしょう。この様な仕組みが会社を大きくしたい場合には最適な会社設立の方法であると言えます。

もう一つの合同会社はこの株式会社の様な分かりやすい出資金の仕組みを採用しない形態です。誰でも自由に出資が可能であり、株という単位で統一しないために配当も自由に決めることが出来る仕組みになっています。そのため家族経営などの小規模事業においては便利です。会社設立のための費用も最も少なく済み、手軽に設立し、管理することが出来る会社形態として近年注目されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *