会社設立をするときの手順

今は誰でも会社設立が出来るようになっているといってもいいでしょう。

今では会社設立というのは、そんなに難しいものではありません。まずは、会社の規則を記した定款という書類を作成することです。これが法務局で承認されれば会社設立できたことになります。この定款の作成を一からすると、初めての人にはかなり難しいのですが、今はネットという便利なツールがあるのでこれを利用すると便利です。ネットには多くの定款の雛形といったものがあります。そのようななかで、自分が設立する会社とほぼ同じような定款を拾ってきます。

同じというのは資本金の規模であったり、従業員の数であったり、決算日であったりといったものが同じようなものを選んでくるのです。そして、自分の会社と違うところを修正すればいいのです。そして、会社の印鑑というものを作って定款の必要なところに押印していきます。このときには資本金といったものを銀行に預けておきます。

そして、この定款をまず公証役場に持っていきます。公証役場ではこの定款が公の書類であるといったことを認めてもらうことをします。たいていの場合定款の不備はここで指摘されますので、言われたところを修正するといいでしょう。そして、公証役場で承認してもらえたら、その定款を法務局に提出します。法務局で承認されれば会社設立をする事が出来たことになります。後は税務署や役場、社会保険事務所にいって会社設立の届けを出せばいいのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *