株式会社設立の手順について

会社を作ると言うと非常にハードルの高い仕事であるように感じられますが、実際には所定の様式で書類を作成して届出を行うことで会社設立は可能です。

例えば最も一般的な会社の形である株式会社の場合には会社設立のための申請書類として定型の書類と定款、資本金の払込証明等を用意して所轄の法務局に届出ることが必要な手続きです。法務局に於いて登記簿に設立登記をすることが会社を作るということを意味するのです。この手続きの中で必要な書類である定款の準備は多少手間がかかります。原本を3冊用意して、まずは公証役場に提出することが求められます。

公証役場において公証人の承認を得て初めて法務局に届出を行うことが出来るようになります。この様な手続きを経て株式会社設立の手続きを行うことが出来ます。非常に面倒で手間のかかる作業が多いのですが、この様な作業については司法書士などの専門家の手を借りて対応することも出来ます。これから会社を作ろうとしている人の場合には、その様な専門家の力を借りて時間を節約するのがおすすめ出来る方法であると言えるでしょう。

どうしても自分の手で、自分の力だけで会社設立の手続きをしたいという場合を除けばメリットの多いことであるのがその理由となります。数多くの設立手続きを経験している専門家はこうした方が良いというノウハウを持っていますので、それを活用できるのが一番のメリットです。また電子定款に対応している場合には必要経費が数万円下がりますのでお得でもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *