会社設立と商号や事業目的について

会社設立は準備が大切です。

中でも定款は会社の憲法とも言われており、定款で定めた事は効力が得られるためじっくりと考えておく必要が在ります。一度定めた場合、後から変更は出来ますが手間がかかるなどのデメリットが有りますので、会社設立を行うときにしっかりと定めておきます。尚、会社設立代行を行う会社に依頼をする事でメリットを活かせるアドバイスを貰う事が出来ます。行政書士などの事務所などでは設立に関する相談も出来るので、利用がお勧めです。

会社の基本的なルールを作り、定款の中で定める作業は設立後の会社経営に影響を与えます。従来、会社の商号は類似商号の調査が必須とされており、商号をいくつか決めてから法務局の中で登録済みになっていないかを確認する必要が有りました。現在は同一住所で無ければ同一の商号で会社の登記が出来るようになっていますので、新会社法は規制が緩和されていると言えます。しかし、同一の社名で事業目的も類似している場合は注意が必要です。

先に会社の登記を行っている会社からは良く思われませんし、会社のサービスなどを利用する顧客が迷ってしまうと言ったデメリットが在るからです。定款に会社の商号や事業目的などを記載する時は法務局での確認をしておけば後からトラブルを回避させることが出来ますし、他の会社からクレームが来るかもしれないと言った不安も無いわけです。尚、商号や事業目的などは会社の住所が同一管轄の場合に注意が必要になりますので、管轄内にある法務局で確認をしておけば良いのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *