会社設立は利益が出始めてからでも大丈夫

起業をするケースや飲食店などを出店するケースがあり、その際に会社設立を行うかそれとも個人事業主としてやっていくか判断が分かれる部分です。

会社設立にはメリットもありますが、それなりのコストがかかるのも事実でありそれをデメリットと捉える人もいます。一方で個人事業主にはデメリットもそれなりにあるものの、メリットもあることから個人事業主のままでも問題と感じる人も少なくありません。この場合、最初から会社設立を行うのか、それともどこかのタイミングで切り替えるべきか悩ましいところです。

結論から言えば利益が出始めてからでも十分間に合います。会社設立を行うことで従業員の保険などを支払ったり、税金面で色々とお金を出したりしなければならず、それなりのコストがかかります。しかし、それは赤字などの場合に負担に感じるだけで利益が出ていればあまり気にはなりません。逆に利益が出ている段階で個人事業主のままではどんどん税金がとられていき、経費も認められないものが多いために手元に残らないことになります。

手元に資金を残すためには法人化を行っておくことが大切です。経営の体力もない中でいきなり会社設立を行うことは大変なことです。個人事業主としての実績を積み重ねて、それから切り替えるのでも遅くありません。また今後規模を拡大させる際に銀行からの融資が必要になる場合などは法人化を検討し、信頼されるような状態にすることが大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *